読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクは世界を回す

オタク系コンテンツに関して書いたり

最高なナナシス3rdライブの感想! part1

 
Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17’→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe の2日目夜公演見てきました。とっても良かったので、何がどんだけ良かったか記録して記憶するためにブログに残します。
行った人も行ってない人もこの記事が何かになれば、嬉しいです。
 
 
【はじめに】
 
ナナシス、実はゲームは2014年の末くらいからずっとやりこんで課金もしてるし、CD,Blu-rayも全部(Longing summerの円盤以外)初回盤で持ってるんですがライブは初参戦。なんか当たんなかったりどうしても行けなかったりで。もちろん円盤でしっかりライブを見ていたものの参戦するのは初めてということでかなり楽しみでした。
 
会場へ
 
開場ちょいまえくらいに到着したんですがグッズは割と売り切れており、事前物販すれば良かったかなと後悔しながらパンフレットとペンライトを購入。物販のスタッフさんが「支配人さん」と呼んでくれて、開演前からナナシスの世界観に入り込める素敵な演出に感謝。
 
会場前はちょうど昼公演終わりの人と夜公演に向かう人(と他の野球とかのイベントの人)が入り混じっている状態。
今回の物販のTシャツ・パーカーはもちろんだが、この前の冬コミで販売されたNI+COLAのGirls Talk!!パーカーを着てる人が目立っていた印象でした。あれ、超いいよなー。。。
 
開場!
 
入場。座席は会場の三階席部分の左後方でまあ、あんまり良い席ではなかったですが、全然楽しめたな。全く文句なかったな。ちなみに会場見渡す限り満席だったのに僕の両隣だけ空席でした。なんでやねん。まあ隣を気にせずペンライト振れるのはいいけども。
 
座席に座った段階でこれまでの僕のナナシスへの想い、そしてこの広い会場全てがナナシスという作品のためのものでありこの会場にいる全員がナナシスのことを想っているんだなーとか考え出してもう泣きそうになってました。まだ始まってもねーのに。めちゃくちゃ多くの時間をナナシスとともに過ごしてるもんな〜。
 
さて、開演時間の18時ほぼオンタイムでクルトによる影ナレで注意事項。キャラ全開で既に笑いどころ、盛り上がりどころもあり既にかなり楽しい!
 
開演だああああああ!
 
いよいよ客電が落ちる!
べらぼうにかっこよすぎるOPムービーからの『SEVENTH HEVEN/セブンスシスターズ』。ムービーでは今回の題名にある「CHAIN」、そして「CHANGE」というところが強調されていたように思います。若干忘れかけてますが!笑
この2つ、そして「誰かの背中を押す」という3つに関しては、今回のライブのテーマになっているように感じました。まあこの辺は多少込み入った話になりそうなのでとりあえずセトリに戻ります。
 
最初はやっぱりセブンス
 
SEVENTH HEAVEN』から既にボロボロ泣いてました。本当にセブンスシスターズの6人が目の前にいる!という幸せ、その幸せをこんなにも多くの人で共有して、みんなでペンライトを振って声を出しているという感動、セブンスの偉大さと貫禄、支配人としての喜び、めちゃくちゃテンションを上げてくれる曲そのものの素晴らしさ、色んなものがごちゃごちゃになって涙でぐちゃぐちゃになりながらこの幸福を噛み締めていました。
 
そのまま『FALLING DOWN』。全然泣き止んでないんですが。やっぱり水瀬いのり渕上舞のパートだったりスクリーンに映ったりすると特にぶち上がっちゃいますね。結局。声優的にも劇中キャラ的にも。でまたそこで泣いちゃうし。
とにかくこの超かっこいい二曲でボルテージMAXです。
 
ここでキャラ紹介ムービー。ナナシスの歴史を一歩一歩踏みしめているようで興奮。
 
【We are 777☆SISTERS!!】
 
そして真っ白なハルカゼ衣装の777が登場!『H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!』。777☆SISTERSのデビュー曲であり、ナナシス1stライブはこの曲から始まりました。ちなみに2ndは『SEVENTH HEAVEN』、『FALLING DOWN』から始まったので今回は複合した感じでしょうか。
やはりライブの序盤にふさわしい、これから楽しいライブが行われることを予感させる曲ですね。コールしてても楽しい!ライブに行ってお客さんになることによって新たな楽曲の魅力を発見できる楽しみもこの曲をはじめいくつも味わいました。
 
『Cocoro Magical』はソロパートが多くて、一人一人に注目できました。ほとんど知らない声優さんも多かったので顔とキャラと色を一致させることもライブではとっても大事な作業ですよね。
 
はい!『KILL☆ER☆TUNE☆R』!これはコールアンドレスポンスパートがあるのでとっても重要!しかも変則的なやつでした。映像見ててとってもやりたかったやつだったので嬉しかった。そしてコールアンドレスポンスで発した言葉がそのまま自分の背中を押してくれるような、そんな不思議な気持ちになりました。
 
ちなみにここまで全部CD収録順のセトリになっててとっても次の曲に行きやすかったです。
シングルでもアルバムでもSEVENTH HEAVEN』の後の曲は『FALLING DOWN』だし、1srアルバムでの曲順でも『H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!』→『Cocoro Magical』→『KILL☆ER☆TUNE☆R』の順になっているので普通にCDを聞いてる通りの順番でライブが行われてるんですね。
 
ようやく777☆SISTERSによるMC。自己紹介では全員の聞きたいやつ全部聞けてとってもよかった。声優が生でキャラボイス出すくだりめちゃくちゃ好きなんだよな〜〜
 
 
Le☆S☆Ca登場!】
 
Le☆S☆Caが登場して『タンポポ』。会場が黄色に染まって綺麗だった〜。
『Behind Moon』は一転して青。
Le☆S☆Caは比較的新しいユニットなのもあってか曲中のパートが誰なのかの聞き分けがあんまりできてないんですけど、ライブだとそれが一目瞭然になりつつライブ感を楽しめるのでとても良かったです。
 
Le☆S☆CaのMC。ほのかちゃんべらぼうに可愛いな。博多弁最高。
 
そしてLe☆S☆Ca最後は『YELLOW』。新曲の『トワイライト』絶対やると思ったらやらなかったのは少し残念だけど問題なし!どうやら二日目昼公演では『Behind Moon』の代わりにやったみたいね??持ち曲4曲中に曲が黄色ペンライトなのすごいですよね。
間奏で「けんけんぱ」ってやる振り付けがすごくキュートで素晴らしかったなぁ。
 
 
 
 
と、ここまでライブ終わって帰宅してすぐバーーーっと書き連ねてたんですが長くなりそうだし眠くなってきたので一旦切って続きは明日あたりに書けたらと思います!お楽しみに!